紫外線はニキビの大敵です!

僕の私の外為オプション > ニキビ > 紫外線はニキビの大敵です!

紫外線はニキビの大敵です!

紫外線は私たちの肌にさまざまな影響を与えます。

ニキビにとって大敵になりますし、シミをつくるなど美肌に悪影響を与えて老化を促進させ、皮膚ガンや目の病気まで引き起こす恐れがあります。

そして、紫外線は肌の水分を奪って乾燥させ、また、コラーゲンを古いゴムのように劣化させて、肌のハリや弾力を奪ってたるみやシワをつくります。

夏の紫外線はメイク崩れを引き起こし、表面はべたつくので皮脂が増えるように感じるかもしれません。

しかし、肌の内側は水分が奪われて乾いた状態になっています。

肌が紫外線により乾燥すると古い角質が溜ってきて、毛穴に入り込み詰まってきます。

これによりニキビができやすい状態になってしまうのです。

このように紫外線は、ニキビ発生に大きくかかわります。

ニキビはいきなり赤いものが肌にできるわけではありません。

始めは白いものができるのです。

これが汚れだったり皮脂だったりしますが、紫外線や空気に触れて酸化して黒く変化します。

黒ニキビと呼ばれるものです。

これが悪化すると赤くなり刺激により化膿します。

化膿するとニキビは治っても痕が残ってしまうので注意しないといけません。

紫外線から肌を守るために外出するときは、必ず日焼け止めを塗って帽子や日傘も使うなどしてしっかりとUVケアしましょう。美肌と健康を叶えるNavi! 

そして、ニキビを予防、改善するために、肌の汚れや雑菌は毎日の洗顔でしっかりと洗い流して清潔な状態を保ち、洗顔後は、セラミドなどの保湿成分を含んだ美溶液で潤いを与え保湿することが大切です。